2017年11月04日

亥の子の風習と亥の子餅


旧暦の亥の月、現在の暦でいう11月の「亥の子」の風習は
平安時代に中国から日本に伝来し、
亥の月の亥の日・亥の刻(夜10時前後)にお餅を食べると万病を除くといわれ、
またイノシシの多産にあやかり子孫繁栄を祈るというものです。
また、こたつを準備すると火難を免れると言われています。

151103_inoko.jpg

亥の子の風習に因んでお作りした「亥の子餅」は、
小豆を練り込んだ雪平(せっぺい)生地でこし餡を包み、
ウリ坊に見立てて ころんと仕上げました。

※2017年の亥の日は11月8日、20日です
posted by ohno-ya at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 和菓子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181479648

この記事へのトラックバック